JavaScript – 文字列が数値変換可能かチェック

‘1000’ であれば1000を返し、’山田太郎’であれば’山田太郎’を返す関数


const func = (value) => {
    const parsedValue = Number(value);
    if (isNaN(parsedValue)) return value;
    return parsedValue;
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。