ReactのためのJavaScript – はじめに


Reactを書籍やチュートリアルで勉強していると、見慣れないJavaScriptの記法をちらほら見かけました。調べてみると、それらはES6以降に導入されたものでした。この記事では、ES6以降に導入され、React開発で記法/技術について調べたことをまとめていきます。


React開発で使われるモダンなJavaScriptを分解すると↓のような分野に分けられます。

  1. スコープ
  2. 変数宣言
  3. 論理演算子とショートサーキット評価
  4. アロー関数
  5. クラス構文
  6. 配列やオブジェクトの便利な書き方
  7. 非同期通信 – Promise, async/await(準備中)
  8. 関数型プログラミング(準備中)

それぞれ記事にまとめていくのでよければご参考にしてください。

「ReactのためのJavaScript – はじめに」への5件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。